和食のメリットとデメリット

和食のメリットとデメリット

本来の和食にはメリットが多いです。

特に1975年の和食は体に良いという東北大学の研究結果があります。

現代食が中心の食生活を見直す機会にしてください。

余談ですが、和食7対洋食3の割合の食生活にすると、より健康的な食生活になりますよ。

 

和食のメリット

  1. 旨みがある
  2. 栄養バランスがいい
  3. 美味しい
  4. ケチャップを使わない
  5. 米に肥満予防作用
  6. 心臓病による死亡率が低くなる
  7. ソースを使わない
  8. 多彩な調理法を楽しめる
  9. 低エネルギー
  10. 低脂質
  11. 発酵食品を摂取できる
  12. マヨネーズを使わない
  13. 旬の食材で季節を味わえる

 

和食のデメリット

  1. 塩分の過剰摂取
  2. カルシウムの慢性不足
  3. 献立によっては炭水化物ばかりになる
  4. タンパク質不足
  5. 脳卒中を発症しやすい

 

和食の特徴

  1. 美しい
  2. 多彩な食材
  3. 平成25年12月にユネスコ無形文化遺産に登録された
  4. 旬の食材で季節を味わえる
  5. 行事食がある

 

現代食のメリット

  1. 味が濃い
  2. 塩分摂取量の減少
  3. タンパク質の摂取量が増えた
  4. 発育が良くなった
  5. 動物性タンパク質が多い
  6. 料理品目が増えた

 

 

現代食のデメリット

  1. アレルギー(鼻炎)の増加
  2. 油をよく使う
  3. 依存性
  4. 栄養過多
  5. 生活習慣病の増加
  6. 肥満の増加
  7. 虫歯の増加
  8. 野菜不足

 

参考文献

タイトルとURLをコピーしました