パンプアップの意味

パンプアップとは、筋力トレーニング(以下、筋トレという)で筋肉に負荷を与え続けた結果、筋肉が膨張すること。

パンプアップは、しばしば筋トレに詳しくない方に筋肥大と混同されるが、全く別のものである。

パンプアップは一時的なもので、次第に元の状態に戻る。

 

スポンサーリンク

なぜ負荷を与え続けた筋肉が膨張するのか?

筋トレで筋肉に負荷を与え続けると、筋肉内に蓄えられたエネルギーが使われ、二酸化炭素や乳酸などが産生される。

すると、筋肉内の二酸化炭素や乳酸などの濃度を薄めるために、通常よりたくさんの血液や体液が筋肉内に流れ込む。

その結果、筋肉が膨張するという訳だ。

 

パンプアップは一時的な現象なので、時間の経過とともに元に戻る。

 

スポンサーリンク

パンプアップの効果

パンプアップを起こすことで筋肥大(筋肉が恒常的に太くなること)につながる効果があるとも言われている。

タイトルとURLをコピーしました