筋トレするとやる気スイッチがONになるよ!

スポンサーリンク

筋トレするとやる気スイッチがONになるよのアイキャッチ画像

  • 「なんだか最近やる気が出ない」
  • 「勉強する気になれない」
  • 「筋トレすると何だかやる気が出るのはなぜ?」

こちらの記事は、そのような方に対して書いています。

ごきげんいかがですか?

筋トレ歴3年の中年トレーニー、朝比奈宗平です。

よろしくお願いします!

ところで、普段の朝比奈は怠け者です。

こんな感じです↓↓↓↓↓↓↓

朝比奈宗平の画像
あさひなまけものとハンドルネームを変えた方がいいかも。

ちょっとでも「面倒くさい」と思ってしまうと、なかなか着手しません。

そんな自分に本当に困っていました。

ところが気づいたのです、筋トレすればやる気が出ることを!

今日、やりたくないことを着手する前に何気なくプッシュアップをしたら、なんとやる気が出て終わらせることができたんですよ!

そのような訳で今回は、筋トレするとやる気スイッチがONになるお話です。

筋トレするとやる気スイッチがONになる理由

どうして筋トレするとやる気スイッチがONになるのでしょうか?

実は筋トレするとテストステロンがドバドバ分泌するからなんです。

以前、テストステロンについて記事を書いたときに作用を勉強していたのですが、すっかり忘れていました。

そのため「気づいた」と言うよりも「再確認した」と言った方がいいでしょう。

 胎児から生後6ヶ月の間にかけて、テストステロンは大脳の性差に影響を及ぼすと言われています。その結果、例えば、ある種の男性的な攻撃性や気の短さ、怒りっぽさをはじめ、「物事のとらえ方」や「思考パターン」、「決断力」などの、「男らしい考え方」に影響すると言われています。
テストステロンが精神面に及ぼす影響については様々な文献で解説されていますが、これらをまとめて表現すると、「粗っぽくてデリカシーが無いし、短気で怒りっぽい面もあるけれど、明るく前向きでたくましく、ワイルドでセクシー」な傾向に導くものだそうです。まるで娯楽映画に出て来るヒーローです。これに経験と知性にもとづく忍耐力と包容力、そして身体能力を身につけたら、かなり格好よい人物像かも知れません。
しかし、何と言ってもテストステロンには「生きる活力」「生気」「気持ちの張り」といった、バイタリティを高める作用があると言われています。そのような観点で、男女の性差にかかわらず、テストステロンは人として前向きに生きるために必要なホルモンと言えましょう。

引用元:大東製薬株式会社「テストステロンの作用・はたらき」

つまりやる気がほしいとき筋トレすればいい!

いずれにしても仕事や勉強に手がつかないという方は、事前に筋トレをしましょう。

ちょっとビックするくらい捗りますよ。

念のため、今回紹介していることは下記のような方におすすめします。

  • 何でも先延ばしにする方
  • 更年期の方
  • 面倒がる方
  • 学生
  • 主婦
  • 中年男性
  • 受験生

やる気スイッチがONになるお手軽な筋トレ

続いて、やる気スイッチがONになるお手軽な筋トレメニューを紹介しましょう。

今回紹介する筋トレメニューはわずかな時間があればできますし、筋トレグッズを使いませんので、軽い気持ちで試してみてください。

やる気がONになる筋トレメニューは下記のとおりです。

  1. クランチ
  2. シットアップ
  3. スクワット
  4. プッシュアップ

まとめ

筋トレするとやる気スイッチがONになります。

なぜなら筋トレすると、人をやる気にさせるテストステロンがドバドバでるからです。

もしもやる気が出ないときや億劫なときがあれば、試しに筋トレをしてみてください。

思いのほかやる気が出て家事や仕事、勉強が捗るかもしれませんよ。

以上で「筋トレするとやる気スイッチがONになるよ!」を終わります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました