ダンベルで大胸筋を鍛えた8月22日の筋トレ記録です!

f:id:syuhei-asahina:20170823010719j:plain

私は、中年トレーニーです。
ハンドルネームは、朝比奈宗平。
――朝比奈は、筋力トレーニング(以下、筋トレという)をしているのですが、トレーニングの記録をつけていません。

いやあ、朝比奈は本当にダメダメトレーニーです。

このブログ「筋トレをしてマッチョになりたい!(以下、本ブログという)」だって、筋トレの進捗を記録するために開設したのですが……

そのような訳で今回は、久しぶりに筋トレの記録です。

スポンサーリンク

実はダンベルを使っています

実は、随分前からダンベルを使って筋トレをしています。
使っている重さは1つ10kg。

最初の頃、10kgでも結構重くて持ち上げるのもしんどい思いをしました。

ところが、最近それほどキツくなくなっています。
見た目は全然変わっていないですけど、筋力がついてきている証拠でしょうか?

そのため、一方のダンベルを重くし筋トレすることにしました。
当然、一方は軽くなります。
重さは15kgと5kg。

これを左右交互に持ち替えて、筋トレを行います。
ううむ、そろそろダンベルを新調した方がいいのかもしれませんねぇ。

スポンサーリンク

ダンベルベンチプレス

まずはダンベルベンチプレスを15kgで6セット、そして5kgで6セットの合計12セット。

インターバルは約15秒にして、できるだけ筋肉を休ませないようにしました。

そうそう肝心なことを記録し忘れるところでした……今回から親指側に負荷がかかるようにダンベルを持つようにしています。
そうする方が胸に効くらしいので。

1セットあたりの回数は、下記のとおり。

▼今回ダンベルベンチプレスで行ったこと
  • 15kgで6セット
    • 1セット目20回
    • 2セット目15回
    • 3セット目11回
    • 4セット目11回
    • 5セット目10回
    • 6セット目10回
  • 5kgで6セット
    • 1セット目20回
    • 2セット目15回
    • 3セット目11回
    • 4セット目11回
    • 5セット目10回
    • 6セット目10回
  • インターバルは15秒程度
  • 親指側に負荷をかけるようにダンベルを持つ

 

スポンサーリンク

ダンベルフライ

続いて、ダンベルフライを15kgで6セット、そして5kgで6セットの合計12セット……そう思い試みたのですが、重さ15kgでのダンベルフライは相当きつく断念。

少しずつ錘を減らしチャレンジしたところ、結局10kgの重さになりました。

これは先に行ったダンベルプレスによって、大胸筋が疲れたからでしょうか?
それとも仕事の疲れによるもの?
今回のダンベルフライで気をつけたことと回数は、下記のとおりです。

▼今回ダンベルフライで行ったこと
  • 重さと回数(赤字は左のみ)
    • 15kgで7回を1セット
    • 13.75kgで5回を1セット
    • 12.5kgで5回を1セット
    • 10kgで10回を4セット
    • 7.5kgで5回1セット
    • 6.25kgで5回1セット
    • 5kgで7回1セット
  • インターバルは15秒程度
  • 先に胸を閉めてダンベルを持ち上げる
  • 逆ハの字でダンベルを持つ

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、ダンベルプレスとダンベルフライを行いました。
ただし、いつもどおり何も考えずに筋トレをしていません。
インターバルやダンベルの持ち方に注意を払いながら行いました。

一見適当な回数も実は工夫しています。
始めはウォーミングアップを兼ねて回数を多くしました。
これは、本番で10回程度しかできないようにするためです。

余談ですが、今回の筋トレによる発汗はすごいものでした。
汗が止まらないかと思いましたよ、ほんとうに。

以上で「ダンベルで大胸筋を鍛えた8月22日の筋トレ記録です」を終ります。

タイトルとURLをコピーしました