人の体を構成する成分がひと目でわかるよ

ひと目でわかる人体を構成する成分

身体組成は3つに分けることができます。

それは原子レベルによるもの、分子レベルによるもの、組織レベルによるものです。

このように身体組成は3つに分けられます。

 

この中で健康や食事管理、痩身に最も役立つのは分子レベルの身体組成です(そう朝比奈は思っています)。

 

これを理解すれば、基本的に体に必要なものも分かります。

 

もちろん、これら以外のものも大事です。

 

すぐエネルギーになる糖質、余分な糖質の吸収を防いだり腸内環境を改善したりする食物繊維、ビタミンやミネラルも人体に大事なのは言うまでもありません。

 

しかしながら、上図にある脂質とタンパク質、水分はダイエットにおいて軽視されやすい現状です。

 

またカロリー制限ダイエットや脂質制限ダイエット、その他のインチキダイエットでは、これらの必要性を無視した発言や論理が展開されています。

 

これら3つの摂取を制限すれば、たちまち健康を害するのにも関わらずです。

 

何度も言います。

 

タンパク質、脂質、炭水化物(食物繊維を含む糖質)、ビタミン、ミネラル、水分は人体にとって必要不可欠なものです。

 

過度な制限は体に悪影響を及ぼしますので、素人判断で栄養を制限しないでください。

 

もしもこれから健康や痩身、減量、美容目的で食事管理をされるのであれば、この機会に人体を構成する成分を覚えてください。

 

そうすれば、食事管理の基本的なことを理解しやすくなるはずです。

 

ぜひ人体の構成成分を覚えて、あなたの健康や美容にお役立てください。

 

念のため最後に人の体を構成する成分をお伝えします。

上図のとおり人の体を構成する成分は脂質20パーセント、タンパク質20パーセント、水60パーセントです。 

 

以上で「人の体を構成する成分がひと目でわかるよ」を終わります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました