本「くびれと健康がとまらない!膣締めるだけダイエット」の感想

ダイエット

本「くびれと健康がとまらない! 膣締めるだけダイエット」の感想

  • ダイエット本の「くびれと健康がとまらない!膣締めるだけダイエットてどんな本?」
  • ダイエット本の「くびれと健康がとまらない!膣締めるだけダイエットを読んだ人の感想を知りたい」
  • ダイエット本の「くびれと健康がとまらない!膣締めるだけダイエットを買おうか迷っている」

こちらの記事は、そのような方に対して書いています。

私は筋トレ歴3年の中年トレーニーです。

ハンドルネームは朝比奈宗平。

私朝比奈は、ダイエット本「くびれと健康がとまらない!膣締めるだけダイエット」を読んだので、読書感想文を書くことにしました。

簡単な感想ですが、なかなか面白かったです。

 はい?

「どうして読んだの」ですって?

なぜなら「くびれと健康がとまらない!膣締めるだけダイエット」がダイエット本だからです。

決して表紙の村田友美子さんがキレイだから読んだわけではありません(読んだ理由の2割は村田由美子さんがきれいだからです)。

そのような訳で今回は「くびれと健康がとまらない!膣締めるだけダイエット」の感想(レビュー)です。

スポンサーリンク

本「くびれと健康がとまらない!膣締めるだけダイエット」を読んで

先述のとおり「くびれと健康がとまらない!膣締めるだけダイエット」は、なかなか面白かったです。

文章は少なめですが、その代わりにたくさんの写真つきでわかりやすいものでした。

ただし、1つ言いたいことがあります!

村田友美子さん、男はどうしたらいいんですか?

冗談です。

ごめんなさい。

(。-人-。) ゴメンネ

タイトルを見ると女性限定みたいに思いますが、村田友美子さんがおっしゃっているダイエット法は男性でもできるものです。

なので、男性が読んでも問題ありません。

スポンサーリンク

本「くびれと健康がとまらない!膣締めるだけダイエット」の内容

「くびれと健康がとまらない!膣締めるだけダイエット」に書かれているダイエット法は、下記のとおりです。

 目次
1 膣さえ締めていればくびれがとまらない理由(膣を締める=骨盤底筋を引き上げる;骨盤底筋はしらたきを内側から吸い上げるイメージで ほか)
2 まずは、締めるためのスタートラインに立つ(中殿筋ほぐし;腸腰筋ほぐし ほか)
3 どんな時も締められるカラダになるストレッチ(腕の開閉ストレッチ;四つ這いストレッチ ほか)
4 24時間締まってとまらない膣ウォーク(引き上げた膣を形状記憶させる;締まりっぱなしの膣ウォーク ほか)

引用元:紀伊国屋書店 WEB STORE「くびれと健康がとまらない!膣締めるだけダイエット」

わかりやすく説明すると、コアトレーニングによって腹横筋を含む深層筋(コアマッスルと呼ばれることもあります)を強化し、膣を引き上げてウエストにくびれをつくるというものです。

以前、本ブログの記事「ドローイングのやり方。効果を上げる方法も併せて紹介!お見逃しなく!」で説明しましたが、腹横筋を鍛えることによって下垂体した内臓を引き上げることができます。

つまり「くびれと健康がとまらない!膣締めるだけダイエット」は、これと同じ理屈によるものなんですよ。

そして、これが男性でもできるダイエット法だと言った理由です。

スポンサーリンク

本「くびれと健康がとまらない!膣締めるだけダイエット」はおすすめか?

「くびれと健康がとまらない!膣締めるだけダイエット」は、「筋トレをしたくないけど軽いトレーニングならしてもいい」という方におすすめかもしれませんね。

また 「ウエストを引き締めたい」という方むきです。

ただし、みるみるうちに減量できる方法ではないので、減量目的の方は素直に筋トレや有酸素運動をした方がいいでしょう。

はい?

「朝比奈さんならどうするの」ですって?

ウエストを引き締めたいなら、同じようにコアトレーニングをしますね。

なぜならコアトレーニングの効果は、過去に経験済みなので。

減量もしたい場合は、それプラス正しい糖質制限と筋トレ、有酸素運動を併用します。

体重を減らすなら、その方が効率的ですしスタイルづくりにも有効ですし。

以上で「本『くびれと健康がとまらない!膣締めるだけダイエット』の感想」を終わります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

memo
  • ダイエット本「くびれと健康がとまらない!膣締めるだけダイエット」で紹介されている方法は、ウエストを細くする観点なら再現性の高いもの
  • 都市伝説みたいなダイエット法をするなら断然こちらの方法がコスパがいい
  • 買う前に内容を確認しましょう(少し高めなので)。
タイトルとURLをコピーしました